婚活パーティーを体験、パーティー会場の印象と自己紹介タイム

婚活のすすめトップです

婚活パーティー体験 自己紹介 婚活パーティー

婚活のすすめ

 

ホーム婚活を考える婚活パーティー体験記

婚活パーティー体験記「パーティー会場の印象と自己紹介タイム」

  • パーティー会場の印象と自己紹介タイム

 

  • Profile
  • アツシ
  • 32才・独身
  • ひとり暮らし

Webサイトの企画・制作を担当する編集部スタッフ。仕事ばかりで出会いがない。婚活サイトの制作を機会に、婚活パーティーへ初参加

男も30才を超えると出会いの機会がグッと減ります。合コンも昔ほど参加できなくなるし、仕事だって忙しい…。

婚活パーティーというものの存在は友人や知人に聞いて知っていましたが、「男女の出会いの場」と聞いても、いまいち想像がつかず、どんな人がきているのか? 一人で参加してもいいのか?などの不安から、なかなか一歩を踏み出せずにいました。

しかし、社内で婚活をテーマにしたサイトの企画が持ち上がり、制作担当を任されたことをきっかけに、「この機会に一度行ってみよう!」と決意。

●今回参加した婚活パーティー
主催:シャン・クレール
会場:新宿住友ビル47F・スカイルーム
参加費用:男性5,500円、女性無料

参加するのであれば、私と同じように悩んでいるみなさんにもその内容をお伝えできればと思い、体験記として掲載することにしました。

これは、私が参加した婚活パーティーの体験記です。

婚活パーティー・・・婚活パーティーを参加者の口コミでランキング!

◆パーティー会場の様子、流れの説明

婚活パーティー体験 パーティー会場のイメージ

婚活パーティーへの参加を決めてすぐに、ホームページのパーティー日程をチェックしました。
すると、運よく仕事で新宿へ行く日に、近くでやっているパーティーがあるようです。
会場は住友ビルの47階。時間別に何種類かのパーティーがあり、一番遅い19:30開始の回なら仕事帰りでも間に合いそうでした。インターネットから予約を入れ、どきどきしながら当日を待ちます。

【パーティー会場へ】

パーティーの前日は、緊張してよく眠れませんでした。
取引先とのミーティングを終えたあと、会場へ向かう途中で軽く食事をすませ、ついでにトイレで身だしなみをチェック。一日中着ていると、どうしてもスーツがシワになってきます。少しでも身だしなみを良くしようと、髪を整えてみたり、ブレスケア・フィルムを噛んでみたり…。ある意味、取引先に会うよりもずっと緊張しているのがわかります。

エレベーターで47階に上がると、会場入口で「こんばんは。シャン・クレールのパーティはこちらです」とスタッフの方が明るく迎えてくれました。

パーティー受付の様子

最初に受付で用紙を渡され、住所・氏名・年齢・職業・電話番号等を記入します。記入場所のテーブルへ行きかけて、いつも持っているペンがないことに気づきました。テーブルにもなにも置いてありません。
そういえば、持ち物に「筆記用具」と書いてあったっけ…と思い出しながら顔をあげると、受付のすぐわきで1本100円でボールペンが売られています。忘れた人のための親切?…というより、これも商売の一環なんでしょうか?(^^;)

買ってもかまわなかったのですが、無駄な費用はできるだけ抑えたいと思ったのと、仕事が終わったとき、資料を入れたアタッシュケースにペンも一緒にしまったことを思い出したので、ケースの底をあさって取り出しました。
あとで分かったことですが、婚活パーティーでは、出会った相手のプロフィールを書きとめていくなど、書く作業がとても多くなります。(参加する人は、筆記用具を忘れずに持っていきましょう)

パーティー受付の様子

用紙を記入したあとは、それを受付に提出して参加費を払います。金額は男性5,500円、女性は無料です。しかし、インターネットで予約したとき、ホームページ内に割引クーポンを見つけたので、ちゃっかりプリントアウトして持っていきました。一応、女性参加者の目を意識してこっそりと受付に渡し、しめて5,000円です。

支払いが終わると、「MY PROFILE」と書いた黄色い用紙と、番号の付いた札を渡されました。パーティーが始まる前に、番号札は胸につけて、黄色い用紙には自分のプロフィールを記入します。

私がもらった番号は「61」番。プロフィールは下記の通りです。

  • 名前:アツシ(※実際には本名をフルネームで記入しました)
  • 性別:男性
  • 年齢:32才
  • 職業:会社員(IT関連)
  • 血液型:A型
  • 趣味:映画鑑賞

パーティー会場からの夜景(イメージ)

【パーティー会場の印象】

住友ビル47階は、スカイルームという展望ラウンジになっています。ここが、2箇所あるシャン・クレール新宿会場のうちのひとつです。もうひとつは、1階上の48階にあるとのこと。

19:30開始の5分ほど前に入ると、すでにたくさんの参加者が会場にきていました。ほとんどの人は椅子などに座ってパーティーの開始を待っています。男性同士・女性同士でぽつぽつと会話しているのは、知り合いや友達と参加した人たちでしょうか。数はそれほど多くありません。意外に一人で参加しているらしい人が多いことに、ほっとしました。

照明を落とした室内には、音楽が流れており、大人っぽいムーディーな雰囲気です。「スカイルーム」の名にたがわず、47階の新宿の夜景がすばらしくきれいに見えます。

パーティー会場の様子

室内が暗くてわかりにくいものの、ラウンジにいるのはおおむね60人前後、男女の比率もほぼ同数くらいという印象です。

男性は30代中心で、8割近くがスーツを着ています。平日の夜だったので、私のように仕事帰りの人が多いのかもしれません。ジャケットやブルゾン姿の人もちらほら、中にはアイロンを当てたばかりのようなパリっとしたスーツの人もいます。こちらは、仕事帰りというより、パーティー用におしゃれしてきたのかも。
一方の女性は、20代〜30代くらい。カジュアルな服装の人もドレッシーな服の人もさまざまで、スーツ一色の男性と比べると非常に華やかです。女性らしいスカート姿の人が目立ちます。そして、きれいな人・可愛い人がとても多いことに驚きました。

そうこうしているうちに開始時間が迫り、司会者からパーティー・ルールの説明がありました。

  • シャン・クレール婚活パーティーの流れ
  • 1対1で自己紹介(1人3分)
  • 第一印象チェックシート
  • フリータイム(5分×5回)
  • カード告白タイム
  • カップル発表
  • ※シャン・クレール新宿住友ビル47階スカイルーム

シャン・クレールのパーティーは、全員の異性と1対1で3分間の自己紹介をしたあと、そのなかでとくに話しやすかった3人を選んで、第一印象チェックカードに番号を記入します。

そのあと何回か、フリータイムの会話時間が作られており、カードに番号を書いた相手や、その他の相手と自由に話したあと、告白カードでカップルになりたい相手の番号を記入します。最後に、全員の告白カードを集計して、お互いに番号を書きあった男女がカップルとなるしくみです。

ルールの説明が一通り終わったところで、スタッフの指示で全員が起立し、会場内に置かれたテーブルに、女性から順に着席をしていきました。
次に男性が女性の前の席(テーブルの形によっては隣の席)に座って始まりの合図を待ちます。
ストップウォッチとマイクを手にした司会者の進行に従って、いよいよパーティースタートです。

◆パーティー開始!第一印象チェック

婚活パーティー、第一印象チェックの様子

1対1の自己紹介は3分間。司会者がストップウォッチを手に時間をはかり、10秒前になると「あと10秒です」のコールをかけます。時間になったところで終了。男性は荷物を持って次の席へ移動します。

司会者の話では、今日のパーティー参加者は男性33名・女性31名で、男性が少し多い模様。毎回2名ずつ、自己紹介相手のいない男性ができることになりますが、その間、男性は休憩をしたり、スタッフに雑談相手になってもらったりします。

まず、私が実感したのは、3分間という限られた時間の中で自分をPRすることの難しさでした。自己紹介をしてお互いのプロフィールを書き留めるだけで1分〜1分半、慣れないうちは、きちんとメモを取ろうとすると会話まで気が回らないし、会話をしようとすると、ついメモを取る手が止まります。これは大変だ…と若干戸惑いながら、とにかく最初のうちは、必死で頑張りました。

【自己紹介タイムで話すこと】

自己紹介で話すこと

少し勝手が分かってくると、お互いのプロフィールを記入したあとで、趣味や仕事の話にも時間を割けるようになりました。女性の職業で多かったのは、会社員や看護師。派遣や販売業の方も目につきます。

「趣味は何ですか?」「休日はなにをしていますか?」といったあたりさわりのない話をふると、「買い物」「ショッピング」という回答がくるのには少し困りました。どんなものを買うのですか?とたずねれば、「いろいろです」「服とかバッグ」、もしくは、こちらが知らないファッションのブランド…といった具合なので、女性の買い物について知識がない私は、それ以上話題をふくらませられずに、笑顔のまま固まることもありました。
限られた時間の中で話をするわけですから、質問をする場合は、その回答を予想して、会話が盛り上がるよう持っていくことが大切です。婚活パーティーに参加する男性は、ノープランではなく、事前にしっかり会話の準備するべきだと思いました。

ちなみに、私がプロフィールシートに書いた趣味は映画鑑賞です。そこまで個性的ではありませんが、同じように映画好きな女性と会えたらいいな、という気持ちで書きました。洋画よりは邦画を中心に観ています。ここ数年は邦画もハリウッド映画に引けを取らないくらい上映されるようになったので、相手に「好きな映画は?」と聞かれて作品名を答えても、名前くらいは知ってくれている女性が多くて嬉しかったですね。

【自己紹介で印象に残った女性】

自己紹介で印象に残った女性

1対1の自己紹介では、3人ほど印象に残る女性に会うことができました。

一人は私と同年齢で、目鼻立ちがはっきりしたきれいな人です。同じ年で話しやすかったこともあり、つい何回参加しているのかたずねてみました。3回目という回答でしたが、こんな美人が何回も参加されていることに驚きました。

もう一人は、私と同じ、IT企業に勤めている27才の女性でした。ITといってもさまざまな業種があって一括りにはできないのですが、彼女の場合、細かな業務内容や職場の雰囲気も私と似ていました。人当たりがよくて可愛い印象の人です。同じ職業ならではの裏話で盛り上がり、3分間がとくに早く感じました。

最後の人は、初めて参加した婚活パーティーで、最初に話した女性です。24才とのこと。向こうもパーティーに不慣れなのか、私以上に緊張した様子で一生懸命自己紹介をしていたのが印象的でした。

それにしても、30人以上の参加者がいると、一人と3分間話すだけでも1時間半以上かかります。緊張も手伝って、15,6人目あたりから疲れが出はじめました。ずっとしゃべりっぱなしなので、のども渇きます。20人目を過ぎると相手の女性も疲れているのがよくわかりました。最初は、しっかりメモしていた相手のプロフィールも、最後のほうでは番号と名前・年齢くらいに減ってしまっています。

人数の多いパーティーでは、よほど印象に残った人でない限り、女性のプロフィールと顔を一致させるのも至難のワザです。気になった人のプロフィールはよりくわしく書くなど、なんらかの工夫をしたほうがいいでしょう。
また、会話についても、つねに全力を出し続けると体力的に厳しいので、ここぞという時に集中するなど、メリハリをつけたほうがよいかもしれません。

最後の女性と話し終えたところで、自己紹介タイムは終了。司会から「第一印象カードを記入してください」と指示がありました。もう一度話してみたい人、感じがよかった人の番号を書くということだったので、印象に残った3人の番号を書いておきました。

【第一印象チェック、結果発表】

第一印象チェック、結果発表

しばらく休憩ののち、先ほど書いた第一印象チェックカードの結果が発表されました。先に男性が呼ばれて前に出ます。

自己紹介の緊張と疲れでぐったりしていた私ですが、自分の番号が呼ばれたとたん元気が復活しました。スタッフのところへ行くと、3つの番号を教えられたので、あわてて持っていたプロフィールカードにメモします。番号が3つ―――つまり3人の女性が、私を気に入ってくれたことになります。必死で頑張った甲斐がありました。

プロフィールカードを見ると、3人のうち2人は、最初のほうで話した同い年の女性と、同じIT企業に勤める女性でした。あとの1人は、番号から判断すると終盤あたりで話した人です。必死に思い出そうとしましたが、名前と年齢くらいしかメモを取っていなかったため、顔や印象が思い出せません。どんな女性だったんだろう、なにを話したんだろう、それに、私のどこを気に入ってもらえたんだろう。疲れてもしっかりメモを取っておくべきだったな…と後悔しました。

 

次は、印象に残った相手ともう一度会話するフリータイム、そしてカップルの発表です!

▲ページの先頭に戻る

婚活に役立つランキング

婚活パーティーランキング

PARTY★PARTY
株式会社IBJ(日本結婚相談業協会)が運営する婚活パーティー。個室パーティー、ディナーパーティー、バーベキューパーティーなどユニークな企画が多い。料金は男性4,000〜14,000円、女性は2,000〜12,000円など
ホワイトキー(White Key)
ウィルコミュニケーションズが運営する婚活パーティー。開催エリアは東京・横浜・大宮・千葉・大阪・神戸・京都・岡山。ビュッフェ形式の食事付パーティーが多い。料金は男性:1,500〜8,000円、女性:500〜6,000円など
エクシオ[EXEO]
婚活パーティー最大手。開催地は北海道〜沖縄まで全国を網羅。一人参加限定・30代限定等、パーティー内容も幅広い。料金は男性4,000〜8,000円、女性は500〜3,000円。Webからの予約でパーティー料金が500円OFFになる
詳しく見る 
 

あわせて読みたい関連特集

街コンとは?
婚活パーティーよりも気軽に参加でき、合コンよりも効率的な出会いの方法として注目されている街コン。参加する際のポイントや、おすすめの街コンを紹介
合コンセッティング、婚活パーティーの利用
特集「婚活サービスの利用法」。カジュアルな出会いの場である合コンや、一度に多くの異性と会えることが魅力のカップリングパーティーを、婚活に役立てる方法・利用時の留意点とともに解説
出会いの方法と心がけ
婚活の出会いを作る方法、出会いの場で心がけたいことは? 結婚につながりやすい出会いの作り方と、前向きな婚活を行なうために覚えておきたい心がまえを解説
婚活を考える
1.婚活とは?
2.婚活成功の3ステップ
3.男性の婚活、女性の婚活
4.出会いの方法と心がけ
5.結婚サービスの利用
6.結婚サービスの利用
7.料理合コンとは?
8.30代の婚活
9.40代の婚活
10.街コンとは?
11.オタク婚活に注目
12.Facebookを利用した出会い
13.中高年の婚活
14.おすすめの婚活イベント
15.結婚相談所の料金

婚活パーティーの服装選び

婚活パーティーの服装選び

最適な服装とは?

街コンレポート

街コン体験レポート

編集部女性スタッフの街コン体験談

婚活パーティー体験記

婚活バスツアー

旅行や趣味を楽しみながら結婚相手を探そう!

婚活パーティー体験記

婚活パーティーを体験

編集部男性スタッフによる
婚活パーティー体験記

婚活対策室
1.婚活成功のカギは第一印象
2.服装と立ち居振る舞い
3.話し方・聞き方
4.携帯・メールのマナー
5.自分磨きのポイント
6.外見・内面を磨く
7.婚活合コン対策
8.結婚相手の選び方
9.婚活に疲れたらどうする?
10.結婚できない男
11.バツイチ婚活のすすめ
12.社会人向け出会いの場
ランキング
ランキング一覧
結婚相談所比較
婚活サイト比較
婚活パーティー
合コンセッティング
人気の結婚式場
プロが語る婚活
プロが語る婚活
婚活パーティーの法則
婚活パーティーの法則
パートナーエージェント(外部)
オーネットインタビュー(外部)
ツヴァイインタビュー(外部)
婚活相談室
1.婚活、何から始める?
2.婚活とお金について
3.婚活と二股の違いは?
4.カップルになっても続かない
5.婚活の時間がとれない
6.会話に苦手意識があります
7.魅力的な自己PRの書き方
8.結婚相手の条件とは?
9.結婚したいが貯金がない
10.料理合コンと料理スキル
11.アラフォーの婚活
12.結婚相手の見極め
13.結婚したいかわからない
14.婚活の服装を教えて
15.ネット婚活の注意点
16.結婚を迷っています
17.婚活合コンのコツ
18.婚活ツアーに参加したい
19.婚活中のモチベーション
20.結婚したい女性とは?
21.専業主婦志向と結婚
22.婚活イベントを教えて
23.バツイチの婚活
24.お見合いに抵抗がある
25.婚活と年収について
26.婚活ブログの効果
27.婚活の出会いの作り方
28.自営業は結婚に不利?
29.無料で婚活するには
30.恋愛経験がないけど・・
31.婚活バスツアーについて
32.結婚の決め手は?
33.幸せな結婚とは?
34.担当者との接し方
35.明るいイメージ持てない
36.婚活のやる気がでない
37.婚活の口コミの信頼性
38.低収入で婚活に自信なし
39.40代の婚活
40.街コンは婚活に役立つ?
41.結婚できない焦り
42.婚活と料理
43.結婚できる収入どれくらい?
44.オタク婚活とは?
45.婚活に疲れました
46.40ですが結婚できますか?
47.結婚しないとどうなる?
48.友人の結婚を喜べない
49.結婚後も彼女に働いてほしい
50.婚活パーティーの服装は?
51.40代の婚活パーティー
52.年の差婚について教えて
53.おすすめの婚活パーティー
54.自営業の女性の結婚
55.もらったメールアドレスへの対応