結婚相談所の料金を比較。オーネット、ツヴァイ、ノッツェ・・・コストパフォーマンスが高いのはどこ?

結婚相談所 料金比較

婚活のすすめ
ホーム > 婚活を考える > 結婚相談所の料金

THINK結婚相談所の料金

結婚相談所の料金
結婚相談所はアドバイザーによる会員の紹介や、会員限定婚活イベントの開催など婚活を様々な面からサポートしてくれる定番の婚活サービス。会員の結婚への本気度が高く、婚活をしている人であれば利用したいところですが、気になるのはやはりその料金。結婚相談所は他の婚活サービスと比較すると入会のハードルが高く、初期費用だけで10万円以上かかるケースも少なくありません。各社提供するサービス内容が全く異なるため、料金はそのうちの選択肢の一つにすぎませんが、できるだけ多くの結婚相談所の料金とサービスをしっかり比較して、どこを選ぶか慎重に決める事が、婚活成功への近道です。
そこで本特集では、まず入会金や月額料金など、結婚相談所の料金システムについて解説。さらに、人気の高い結婚相談所の料金をわかりやすく比較します
オーネット
初期費用 114,480円
月額料金
  • 証明書による紹介:月6名
  • お見合い申し込み:月8名
  • 写真検索による申し込み:1回10名(年間3回可能)
ポイント 年間最大198人に申し込み可能
ツヴァイ
初期費用 14,580円
月額料金 12,528円
紹介人数 月3名~
ポイント
  • お見合いの場所・日時を調整してもらえる「セッティングサービス」が付属
  • 割引制度が豊富

結婚相談所 料金の仕組み

結婚相談所の料金は、主に「初期費用」「月額料金」「オプションサービス料」「成婚料」の4つに分けられます。

初期費用
入会する際に、一度だけ払うお金。「登録料」「活動初期費用」「入会金」など結婚相談所により内訳は様々で、10万円~20万円程度が相場。結婚相談所によっては、キャンペーンで初期費用を割引していることもあります。
月額料金
結婚相談所を利用している間、毎月支払う料金。入会する際に選択するプランや、紹介人数・申し込み人数によって、料金は4千円~2万円まで変動します
オプションサービス
月額料金に含まれないサービス。アドバイザーによるお見合い相手紹介サービスや、婚活パーティーやセミナーの開催など、オプションサービスの内容は結婚相談所によって異なるため、自分が重視するサービスの利用に、追加料金が必要かどうか、個別にチェックする必要があります
成婚料
相手と結婚の意思を確認しあい、結婚相談所を退会する際に支払う料金。成婚料がかからない結婚相談所と、成婚料が必要な結婚相談所の2種類があり、大手の場合、成婚料の相場は5万円~20万円程度

結婚相談所にかかる費用の総額は、【初期費用+月額料金×結婚相談所を利用する期間+オプションサービス利用料+成婚料】で算出されます。まずいつまでに結婚していたいかという目標を明確に定め、そこまでの期間から、総額をざっと計算しましょう。
また、結婚相談所によって、サービス内容が異なるため、以下の点については必ず確認しましょう。

紹介・申し込み人数
結婚相談所で異性と出会う方法は、結婚相談所側から条件にあった人物が送られてくる「紹介」と、自分から連絡する「申し込み」の2種類があります。ほとんどの結婚相談所では、プランによって紹介・申し込み人数に上限が設定されており、一見すると料金が大幅に安く見えるプランも、紹介人数・申し込み人数が少ないというケースがあります。料金と紹介・申し込み人数の組み合わせは必ずチェックしておきましょう
マッチング方法
プロフィールなどのデータをもとに相手を紹介してもらう方法を選ぶか、アドバイザーに相手を紹介してもらう方法を選ぶかによって、料金は大きく変わります。前者の場合、データから自動的に相手が導き出されるため、リーズナブルな料金で、紹介人数も多い傾向があります。一方アドバイザーに選んでもらう場合は、雰囲気や相性なども加味して相手を紹介してもらうことができますが、紹介人数はやや少なめ。
双方の利点を把握して、自分に合った方法を選びましょう。
アドバイザーによる紹介
プロフィールによるデータマッチングがメインの結婚相談所では、オプションとしてアドバイザーの手作業によるマッチングを提供していることがあります。料金は1回数千円~1万円程度で、結婚相談所のラウンジや、ホテルのカフェで実際に出会うのが一般的です。
休会中の支払い
意外と見落としがちなのが、「休会制度」について。忙しくてしばらく活動ができない場合や、交際相手ができたので活動をストップしたいとういう際は、活動を休止し、交際相手の紹介や申し込み機能をストップできれば便利ですよね
この休会制度は結婚相談所によって利用できるものとできないものがあり、前者の場合、休会中の月額料金が無料、もしくは大幅に割引されます。休会制度がない場合では、活動休止による月額料金の割引などはなく、継続して利用するか、退会するかのどちらかを選択。必ず利用できる制度ではありませんが、事前にその有無を知っておくと便利でしょう

結婚相談所の料金を比較

ノッツェ、オーネット、ツヴァイ、パートナーエージェント、サンマリエといった人気の結婚相談所を、先ほど紹介した料金と注意点に注目して比較していきます。

  ノッツェ
ベーシックコース
オーネット
プレミアムプラン
ツヴァイ
アクティブプラン
パートナーエージェント
コンシェルジュコース
サンマリエ
アップスウィング
初期費用合計 167,940円(※会員情報提供料金含む) 114,480円 135,000円 135,000円 162,000円
月額料金 4,860円(申し込み人数毎月2名)
・9,720円(〃5名)
・14,580円(〃10名)
15,012円 ・12,528円(年間36名以上・1ヶ月当たり3名)
・13,392円(年間48名以上・1ヶ月当たり4名)
・14,904円(年間72名以上・1ヶ月当たり6名)
17,280円 14,580円
※現地での引き合わせ費用:10,800円/1回
オプションサービス ・婚活パーティー ・お見合い・お引き合わせサービス
・婚活パーティー(オーネット会員限定)
・婚活パーティー・セミナー ・婚活パーティー・セミナー ・婚活イベント(3,402円~22,680円)
成婚料 0円 0円 0円 54,000円 54,000円
その他のコース ●お見合いアシストコース
初期費用83,700円+月額料金+21,060円+成果報酬
●20代女子向けプラン
初期費用54,000円+月額料金11,124円)
●ベーシックプラン
初期費用79,920円+月額料金8,640~13,600円
●フレッシュプラン(29歳まで)
初期費用53,460円+月額料金7,020~8,100円
●コンシェルジュワイドコース
初期費用135,000円+月額料金20,520円+成婚料54,000円
●イベントコース(関東地域限定)
初期費用32,400円+月会費5,400円+成婚料54,000円
●U27バリュー(27歳以下限定)
初期費用54,000円+月額料金8,640円+成婚料54,000円
●イマリー
初期費用120,000円+月額料金14,500円+成婚料70,000円+その他調整費用
割引制度 ・他社からの乗換で最大30,000円キャッシュバック ・無料相談で活動サポート費が5%オフ
・友達と一緒の入会で活動サポート費が10%オフ
・他社からの乗換で活動サポート費50%オフ
※アクティブプランの活動サポート費は60,480円
・他社からの乗換で、初期費用から3万円割引
紹介・申し込み人数 料金によって変動
・毎月2名
・毎月5名
・毎月10名
・1ヶ月あたり約16名(年間198名) 料金によって変動
・1ヶ月あたり3名以上(年間36名プラン)
・1ヶ月あたり4名以上(年間48人プラン)
・1ヶ月当たり6名以上(年間72名プラン)
毎月2名以上 毎月2名
マッチング方法 ・会員検索システム「結婚ナビ」 ・データマッチング
・会員検索システム
・写真検索
・条件マッチング
・価値観マッチング
・会報誌
・会員検索システム
・店舗掲示板
・コンシェルジュ(カウンセラー)による紹介 ・コンセイラー(カウンセラー)による紹介
アドバイザーによる紹介 基本料金に含む オプションにて提供 基本料金に含む 基本料金に含む 1回10,800円で提供
休会制度の有無
休会中の月額料金
・休会制度有り
(ノッツェで出会った人との交際している場合は活動中とみなされる)
・休会中は無料
・休会制度有り
・休会中は月額540円
・休会制度有り
・休会中は月額1,620円
・コンシェルジュと相談のうえ、休止可能
・休会中は無料(代わりに支払い期間が延長される)
・休会制度なし
 

料金は結婚相談所を選ぶ際の重要な指針の1つ。婚活の予算、結婚までの目標期間、自分に合った婚活方法を総合的に考慮しましょう。
また、担当となり二人三脚で婚活を進めていくアドバイザーとの相性も重要になるため、気になる結婚相談所を見つけることができたら、実際に来店してアドバイザーに相談をするのがおすすめです。
自分にとってベストな結婚相談所を見つけましょう!