結婚式場 人気

結婚式場 人気

婚活のすすめ
ホーム > 人気の結婚式場

WEDDING HALL人気の結婚式場

WEDDING HALL人気の結婚式場
  • 1人気の結婚式場情報
結婚式場の選び方 人気の結婚式場

結婚式場選びの前に

生涯のパートナーと出会い、いざ結婚式をあげようとなったとき、まず取り組まなければいけない、楽しくも大変な仕事が結婚式場選びです。しかし一言で結婚式場選びといっても、簡単ではありません。都内だけでも結婚式場の数は膨大で、挙式プランや料理、対応できるオプション等、特徴は一つ一つ異なります。その中から自分達の期待にこたえる事ができる場所を見つけるのは大きな手間と時間がかかります。本特集では、その手間と時間を少しでも減らせるよう、結婚式場選びのポイントを、わかりやすく解説していきます

結婚式場を選ぶ上で、最も重要なポイントは、事前に自分達が結婚式場に求める条件をしっかり決めた上で、式場選びに臨むという点です。自分達が結婚式で実現したい事は何なのか?両親にどういう形で感謝を伝えるのか?ゲストに対して何を提供したいのか等、まず最初に希望を全て書き出し、優先順位をつけていきます。その上で、絶対に譲れないものを抜きだし、その項目が実現できる結婚式場を探しましょう。 下記は結婚式場選びに役立つ14個のチェックポイントです。まずはこの14項目を決めるところからスタートです。

結婚式のイメージ作り

まずは理想の結婚式をイメージする事が大切です。昔から思い描いていた理想を実現するのも結婚式の醍醐味ですが、理想を現実に落とし込んでいく事も大切です。そのためには実際に結婚式を体験した方の成功体験・失敗体験を参考にすると良いでしょう。

結婚式の体験談をチェックオススメ!

結婚式体験談ランキング (マイナビウエディング)
特徴:関東地方を中心に豊富な結婚式場を取り扱う「マイナビウエディング」による先輩カップルの結婚式体験談をランキング形式で紹介。結婚式場の地域に加え、挙式スタイル、招待人数からも体験談を絞り込める。
キャンペーン:マイナビウエディング経由でブライダルフェアや会場見学に参加し成約するともれなく全員に10,000~30,000円分の商品券をプレゼント!(2014年12月26日まで)
費用明細付き!結婚式口コミ (ぐるなびウエディング)
特徴:レストランウエディングの取り扱いNo1の「ぐるなびウエディング」による先輩カップルの結婚式体験談。結婚式場の地域指定、ゲストの招待人数に加え、費用からも体験談をチェックする事ができる。
キャンペーン:ぐるなびウエディングから予約して結婚式会場のブライダルフェア・試食会、見学・下見に行くと1会場あたり2,000ポイント(最大5会場10,000ポイント)プレゼント!会員登録でももれなく100ポイントプレゼント!(2014年12月9日まで)

新郎・新婦が望む譲れない条件

結婚式は2人の門出を祝う、一世一代のイベント。だからこそ、絶対に譲れないポイントをしっかり決めておくことが大切です。「挙式は緑に囲まれた絵本のような教会で行いたい」「小さいころから面倒を見てくれたおばあちゃんに参列してほしい。」等々、それぞれが結婚式に望む条件を、必ず二人で話し合い、結婚式場を選ぶ前に意見を擦りあわせておきましょう。そうする事で、後々になって意見が食い違う原因を摘み取ることができます。

結婚式場選びの前に決めておくべき10項目

結婚式は2人の門出を祝う、一世一代のイベント。だからこそ、絶対に譲れないポイントをしっかり決めておくことが大切です。「挙式は緑に囲まれた絵本のような教会で行いたい」「小さいころから面倒を見てくれたおばあちゃんに参列してほしい。」等々、それぞれが結婚式に望む条件を、必ず二人で話し合い、結婚式場を選ぶ前に意見を擦りあわせておきましょう。そうする事で、後々になって意見が食い違う原因を摘み取ることができます。

1コンセプト

自分達が理想とする結婚式の形は事前に決めておきましょう。例えば「春のガーデンウェディングが理想」や「共通の趣味を結婚式で取り入れたい」、「景色のきれいな教会でのロマンティックな式を挙げたい」等コンセプトを明確にすることで、それに付随した様々な要素も決めやすくなります。まずは自分達の結婚式のコンセプトをしっかり決めておくことが大切です。

2挙式スタイル

挙式スタイルは「教会式―チャペル・教会で行う(洋風)」「神前式―神殿・神社で行う(和風)」「人前式―フリースタイル」 の3つに分けられます
挙式は多くの参列者が集う披露宴とは異なり、新郎・新婦の二人で結婚を誓う儀式です。挙式に関してはゲストに配慮する必要がないので、自分達の希望を最大限に取り入れると良いでしょう。最近人気が高まっている人前式は、神ではなく参列者に結婚の証人となってもらう式のことです。教会式や神前式のように決められた形式はなく、自由に式の内容を決められる点が最大の特徴です。

3料理

披露宴で振る舞われる料理は参列者にとって大きな楽しみの一つであり、結婚式の満足度を左右する大事な項目です。披露宴で振る舞われる料理の主流はフレンチですが、最近は和食や中華、折衷料理等、様々な選択肢を用意している結婚式場が増えています。(※なかにはカジュアルなビュッフェスタイルや2人だけのオリジナルメニューを用意できるところもあります。)最終的に選ぶのは新郎新婦の役目ですが、事前に食事にどの程度こだわるのか、どんな料理で参列者をもてなしたいのかを決めておけば、結婚式場選びの際、役立ちます。

4演出

キャンドルサービスや、ビデオレター・写真撮影等、事前に「これだけは譲れない」という演出を決めておくと、いざブライダルフェアで相談する際に挙式プランの作成がスムーズに進みます。結婚式場選びの前に完璧に固めておく必要はありませんが、「コンセプト」とともにイメージを作り上げてみてください。

5ゲストの人数

ゲストの人数は結婚式場選びの重要なファクター。披露宴の会場は収容人数が決まっており、レストランや小規模な結婚式場など特別なケースを除いて、上限を100人前後に設けている会場が多いので、100人以上ゲストを呼びたいという方は特に会場選びに注意が必要です。ちなみに、様々な結婚関連サービスを運営する「ゼクシィ」が実施した調査によると、2013年度の平均ゲスト人数は約73人。招待するゲストの数をまだ決められないという方は、この数字を一つの目安にすると良いでしょう。

6ゲストの構成

ゲストは大まかに分けて「家族・親戚」「友人」「仕事関係」の3つに分けられます。「家族・親戚」が多い場合はアットホームな式、「友人」が多い場合はにぎやかで華やかな式というように、ゲストの構成によって披露宴の雰囲気も変化するので、ゲストの構成は事前に把握しておきましょう。またゲストの「年齢」や「どこから参加するのか」等も、結婚式場を選ぶ際、考慮すべきポイントの一つです。例えばご年配の方が多い場合は、会場までの送迎バスがある・駅から近い等、交通の便が良い点等も結婚式場を選ぶ重要なポイントになります。もし遠方からのゲストが多い場合は、宿泊施設がある結婚式場が喜ばれるでしょう。みんなが喜んでくれる結婚式にするためには、自分たちだけでなくゲストのことも考え、結婚式場を選ぶことが大切です。

7日程

日程はゲストが参加しやすいかどうかを十分に考慮しましょう。一般的には土日が良いと言われていますが、ゲストの仕事によっては土日よりも平日のほうが都合がいいこともあります。自分たちが招待するゲストが参加しやすい日程はいつなのかを考慮した上で、候補日をリストアップしてみてください。 もう1点、気をつけなければいけないのは、結婚式場にもオンシーズンとオフシーズンがあるという点です。例えば結婚式の人気シーズンである春と秋の土日で、縁起の良い大安を希望する場合、結婚式場によっては、1年前から予約が埋まっているケースもあり、料金設定も高めです。逆にこれらのシーズンを外せば、人気の結婚式場でも比較的予約を取りやすく、料金も割安です。最終的には予算と相談しつつ、できるだけ自分達の希望に沿った日程を選びましょう。

人気があるシーズン・日取り
シーズン 春・秋
日取り
  • 休日・祝日
  • 大安
予約を取りやすいシーズン・日取り
シーズン 夏・冬 年末年始・夏休み
日取り
  • 平日 連休の中日
  • 仏滅※ただしご年配への受けが悪い等デメリットも大きい

8予算

結婚式の予算は自分たちの貯金や親からの援助に加え、ご祝儀も計算に入れることが一般的。ゼクシィが実施した2012年度の調査によると、ご祝儀の平均金額は以下の通りです。

  親族 上司 友人・同僚
平均金額 5.9万円 3.7万円 2.9万円

ゲストの人数・構成予定からご祝儀を計算し、自分たちが用意した費用に合算すると、それが結婚式で使える予算の目安になります。ただご祝儀の金額はあくまで「想定」です。過度に期待せず、最小限の金額で計算しておくことで、予想外の事態にも対応できるでしょう。

9場所

結婚式を挙げる場所は、結婚式を挙げるカップルにとって常に悩ましい問題です。2人とも出身が同じで、その土地に住み続けている場合は、ゲストの交通の便を考慮して駅に近い結婚式場や駐車場の広い結婚式場を選ぶことが大切。しかし、それぞれの出身地や現在の居住地が違う場合は、親族や学生時代の友人が多くいる地元で結婚式を挙げるケースや、仕事関係の人が多くいる現住所の近くで行うケース等、様々な選択肢の中から選ぶ必要があるため、なかなか決断がつかないこともあるでしょう。
もしどうしても判断に迷う場合は、挙式と披露宴をそれぞれ別の場所で行うという方法も有効な選択肢です。挙式は地元で少数の身内だけを招待して行い、披露宴は上司や同僚を招いて現住地で開く等、組み合わせは一つではありません。場合によっては新婚旅行をかねて海外で式を挙げるのも良いかもしれません。
どこで結婚式を挙げるかは、親族の要望や職場の慣習にも左右されます。自分達の理想の条件は大切にするべきですが、多くの人にお祝いしてもらう結婚式にしたいのであれば、現実的な条件とすりあわせることが、結婚式場を選ぶポイントと言えるでしょう。

10設備・サービス

結婚式場には主催者やゲストのための様々な設備・サービスがあります。ゲストの構成によっては授乳スペースや車椅子貸し出し等の設備が必須となる場合もあるので、事前に希望の設備・サービスを決めておくと良いでしょう。

ホスト向け
  • 館内ドレスサロン
  • ブライズルーム
  • レストランサービス
ゲスト向け
  • ゲスト用着替え室
  • ゲスト専用控え室
  • 宿泊施設
  • 車椅子貸し出し
子供連れ
  • キッズスペース
  • 授乳スペース

【注釈】本ページでは挙式と披露宴の2つをあわせた式のことを「結婚式」と呼んでいます。

人気の結婚式場

おすすめの結婚式場

ラリアンスレストラン
地域 東京
アクセス JR総武線・飯田橋駅徒歩2分
挙式場 チャペル(+提携神社)
料理 フレンチジャポネ(デザートビュッフェ・チーズビュッフェ有り)
特長 最上級の料理と充実の設備が魅力のレストランウェディング
レストラン・ドゥ・シュウレストラン
地域 京都
アクセス 地下鉄北山駅徒歩1分
挙式場 チャペル
料理 フレンチ(デザートビュッフェ有り)
特長 4つのリゾート風ゲストハウスで、憧れのガーデンウェディング
WITH THE STYLEホテル
地域 福岡
アクセス JR博多駅徒歩7分
地下鉄天神駅徒歩7分
挙式場 多目的ホール
※教会式・人前式に対応(+提携神社)
料理 折衷料理 (デザートビュッフェ有り)
特長 大型の植物や池が配置され、まるでリゾート地のようなリラックスした空間が魅力
北海道・東北 北海道|青森県|岩手県|宮城県|秋田県|山形県|福島県|
関東 東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|茨城県|栃木県|群馬県|
甲信越・北陸 新潟県|富山県|石川県|福井県|山梨県|長野県|
東海・近畿 岐阜県|静岡県|愛知県|三重県|滋賀県|京都府大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県|
中国・四国 鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県|
九州・沖縄 福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県|